スポンサードリンク

日焼け対策方法を紹介

日焼け対策

日焼けとシミの関係

お肌のシミってとても気になりだしたら止まりません。いろいろとシミにならないように気をつけていたのに、夏を過ぎるとシミが増えているなんて経験をお持ちの方は多いと思います。そう、夏は特にシミの原因を作る紫外線が多いからなんです。

ちょっとした外出のときでも、曇りでも紫外線は降り注いでいます。無防備なままで過ごしていると、シミをつくることになります。とくに紫外線が強い日は、わずかな時間でも、外に出るときは帽子をかぶったり、日傘をさして、日よけをしましょう。帽子や日傘は、薄い色よりも濃い色のほうが紫外線をカットする効果があります。

もちろん、肌にサンスクリーン剤をつけておけば、より万全な紫外線対策ができます。

日焼けしてしまったら?日焼け対策

日焼け止めを塗っていても、効果が薄れてきても塗りなおしが出来ずに日焼けをしてしまった。曇りだったから、日焼け止めを塗らずに外出してしまった。などなど、うっかり日焼けをしてしまった場合の対処法について触れておきましょう。

日焼けで肌が赤くなってしまったら、すぐに冷やすことが大切です。冷たい水で絞ったタオルを使って湿布します。肌が冷えるまで、繰り返しましょう。ほてりがおさまるまでは、保湿剤配合の化粧水を使い、水分の補給を繰り返します。

さらに美白成分配合の美容液やクリームを使います。使う時期が紫外線を浴びてから早ければ早いほど効果が発揮されます。続ける事が大切です。日焼け後の肌は、水分だけでなく油分も失いがちなので、乳液やクリームで肌を保護する事も忘れずにおこないましょう。

日焼け止めの選び方

最近は、本当にたくさんの日焼け止めが発売されており、どれを選んだらよいのか本当に迷います。そんなときに、次の事を参考にして選んではどうでしょう?

日焼け止めには、SPF値とPA値があり、SPF値は、UVBの防止効果、PA値は、UVAの防止効果をあらわします。SPFは、皮膚を赤く炎症させるUVBをカットする強さで、PAは、肌を黒くするUVAをカットする強さを表します。

日常の生活で使用するものは、化粧下地をかねて、SPF15程度、PA+~PA++程度が良いでしょう。スポーツなどアウトドアで長時間過ごす場合、SPF30以上、PA+++の日焼け止めのものを選びましょう。

さらに、顔だけでなく、露出する部分には全て日焼け止めを塗るようにしましょう。しみが出来やすい頬骨の付近は念入りに塗ります。日焼け止めは一度塗ったら一日OKというものではありませんので、適度に塗りなおしをしましょう。

曇りも日も紫外線対策は必要です。

日差しが強いときには、日焼け止めなどを塗ったり、帽子などをかぶり紫外線対策を行なっている人は多いと思います、ですが曇りの日に紫外線対策を怠っている人が多いですね。直接日光を受けているわけではないので、ほとんど紫外線は受けていないのでは?と思いがちですよね。しかし、実は曇っているときにも、肌は紫外線からの攻撃を受けているのです。曇っているときは、晴れているときに比べ受ける紫外線は低いですが、それでも晴れの日の60%の紫外線を受けています。


日焼け対策 用語

SPFとは?

最近は様々な日焼け止め化粧品が販売されていますね。その日焼け止め化粧品に書かれている表示「SPF」についてご説明いたします。サンスクリーン剤に表示されているSPFの意味はSun Protection Factorの略で、SPF値は紫外線B波(UVB)をカットする力を示します。サンスクリーン剤の紫外線紅班の予防効果を表す数字事です。

更に詳しく言うと、何も塗っていない状態と比べて、日焼けが始まるまでの時間を何倍に延ばす事が出来るかという数字です。たとえばSPF2の日焼け止め化粧品は、日焼けの時間を2倍に延ばす事ができると言う意味で、通常は日焼けを起こすまでの時間は20分程度と言われていますが、SPF2の日焼け止め化粧品を塗っていると2倍の40分に日焼けを起こすまでの時間を延ばす事ができると言う意味です。


日焼け関連・注目の商品

サロンブロンズ

塗るだけでブロンズ肌。アメリカで、今大ヒットしているのが「サロンブロンズ」。まだ使ったことはないのですが、注目されているので紹介します!

このサロンブロンズを小麦色にしたい部分に吹き付けるだけで、日焼けなしに約10日間健康的な小麦色の肌でいることができるそうです。

日焼けするとシミの心配
日焼けしても小麦肌にならず赤くなって終わってしまう
日焼けしにくい体質

など日焼けで悩んでいる人は多いと思いますがそんな方にオススメですよね!

使われている天然成分由来のジヒドロキシアセトンは医療用として使われています。ジヒドロキシアセトンとは・・・砂糖大根やサトウキビなどの植物から取られる天然成分。この成分が皮膚の一番上にあるケラチンという肌角質細胞の中のタンパク質と反応し、日焼けの状態と似た小麦色の肌を表皮に作ります。なので肌表面の角質部分のみに反応し通常の日焼けのようにシミ・ソバカスのもととなるメラニン色素は一切増やさないそうです。染色した色は肌の新陳代謝で自然に薄くなるので、肌へのダメージもなく安心して使えるそうです。アメリカではジヒドロキシアセトンは1970年代からFDA(食品医薬局)にも認証され、肌にも安全と認められています。

このシーズンだけ日焼けしたい人、水着焼け、腕時計焼け、運転焼けなどの部分焼けにもいいですよね!あとボディービルダーの人も、コンテストの前に必死になって日サロ通いや日中外で焼くことをしなくても、これを使えば良さそうですよね!

ブロンズマジック使い方は・・・まず、肌の色を変えたい場所をきれいに洗う。手のひらにブロンズマジックローションを適量取り、色を変えたいところに手で塗る。(塗布後は手をそのままにしておくと、手のひらや指先にもタンニング成分が浸透して、濃く変色するらしいです。石鹸などで洗い落とさないとです。あと服などに付いたときはすぐに洗わないとダメらしいです。)

塗った後、2~3時間放置して肌の角質に浸透させてから洗い流す。 約3~4時間くらいで色が変わりはじめる。塗り重ねることによって褐色を濃くすることもできるそうです。


サロンブロンズ  日焼けとシミの関係  日焼けしてしまったら?日焼け対策  日焼け止めの選び方  曇りも日も紫外線対策は必要です。  SPFとは?  

copyright © 2006 日焼け対策|日焼けの問題解決します! All Rights Reseved